0

ステロイド外用剤 一覧

外用のステロイド剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより、5段階に分けられます。
(身体の場所によってステロイドの吸収率もそれぞれ違います。顔や外陰部は吸収率が高いとされています。)
同じ薬でも人により効果が異なったり、軟膏・クリームなど種類によっても異なることがあります。
含まれるステロイドの成分量とは直接関係はありません。
ステロイドの強さと副作用は、必ずしも一致しません。

  
ランク 一般名 主な商品名一般的な使い方
I 群
strongest
(最も強力)
クロベタゾールプロピオン酸エステル(0.05%)
  • デルモベート
  • 最も体に吸収されやすい成分を使用。含まれる成分量は少ないが、作用が強いため原則として子供には処方されない。 連続使用の場合、大人で1週間以内を目安に。
    ジフロラゾン酢酸エステル(0.05%)
  • ダイアコート
  • ジフラール
  • II 群
    very strong
    (かなり強力)
    モメタゾンフランカルボン酸エステル(0.1%)
  • フルメタ
  • 大人では体幹部、子供では腕や足など四肢に処方されることが多い。大人の場合、連続使用は1週間以内、子供の場合は数回にとどめるよう注意を。
    ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル(0.05%)
  • アンテベート
  • フルオシノニド(0.05%)
  • トプシム
  • ベタメタゾン吉草酸エステル(0.064%)
  • リンデロン-DP
  • ジフルプレドナート(0.05%)
  • マイザー
  • ジフルコルトロン吉草酸エステル(0.1%)
  • ネリゾナ
  • テクスメテン
  • 酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン(0.1%)
  • パンデル
  • III 群
    strong
    (強力)
    デプロドンプロピオン酸エステル(0.3%)
  • エクラー
  • 大人への処方は全身~体幹部限定、子供の場合は顔や陰部を除く体幹部。連続使用は大人で2週間以内、子供で1週間以内に。
    デキサメタゾンプロピオン酸エステル(0.1%)
  • メサデルム
  • デキサメタゾン吉草酸エステル(0.12%)
  • ボアラ
  • ザルックス
  • ベタメタゾン吉草酸エステル(0.12%)
  • ベトネベート
  • リンデロン-V
  • ベクロメタゾンプロピオン酸エステル(0.025%)
  • ベクラシン
  • フルオシノロンアセトニド(0.025%)
  • フルコート
  • プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(0.3%)
  • リドメックス
  • IV 群
    medium
    (中程度)
    アルクロメタゾンプロピオン酸エステル(0.1%)
  • アルメタ
  • 大人・子供ともに、顔を含めた全身に処方される。連続使用は、大人は2週間以内に、子供は1~2週間以内に。
    クロベタゾン酪酸エステル(0.05%)
  • キンダベート
  • ヒドロコルチゾン酪酸エステル(0.1%)
  • ロコイド
  • デキサメタゾン(0.1%)
  • グリメサゾン
  • トリアムシノロンアセトニド(0.1%)
  • レダコート
  • V 群
    weak
    (弱い)
    プレドニゾロン(0.5%)
  • プレドニン
  • ステロイド成分は体に吸収されにくいものの、含まれる量は多いので、安心できない。薬を最も吸収しやすいお尻や陰部にも処方される。連続使用は、大人も子供も2週間以内に。


    当サイトで取り扱いのある商品をご紹介いたします。

    ランク 商品名 メーカー 主な成分
    強い(Strong)
    フルコートF軟膏
    田辺三菱製薬 ●フルオシノロンアセトニド
    (抗炎症作用)
    ●フラジオマイシン硫酸塩
    (抗生物質)

    ベトネベート
    第一三共ヘルスケア ●ベタメタゾン吉草酸エステル
    (抗炎症作用)
    やや強い(middium)
    セロナ軟膏
    佐藤製薬 ●ヒドロコルチゾン酪酸エステル
    (抗炎症作用)

    ロバックHi
    武田薬品工業 ●ヒドロコルチゾン酪酸エステル
    (抗炎症作用)
    アンテドラッグ
    アレルギールSK
    第一三共ヘルスケア ●プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
    (抗炎症作用)
    ●クロタミトン
    (かゆみを抑える)

    エンクロン EX
    資生堂 ●プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
    (抗炎症作用)
    ●ジフェンヒドラミン塩酸塩
    (抗ヒスタミン剤)
    ●クロタミトン
    (かゆみを抑える)

    セロトピー
    佐藤製薬 ●プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
    (抗炎症作用)
    ●クロタミトン
    (かゆみを抑える)

    テレスHi
    武田薬品工業 ●プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
    (抗炎症作用)
    ●クロタミトン
    (かゆみを抑える)
    ●ジフェンヒドラミン塩酸塩
    (抗ヒスタミン剤)

    プレバリンα
    ゼリア新薬工業 ●プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
    (抗炎症作用)
    ●リドカイン
    (かゆみ止め・局所麻酔剤)

    ムヒアルファEX
    池田模範堂 ●プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
    (抗炎症作用)
    ●ジフェンヒドラミン塩酸塩
    (抗ヒスタミン剤)
    ●クロタミトン
    (かゆみを抑える)

    メンソレータム メディクイック
    ロート製薬 ●プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
    (抗炎症作用)
    ●クロタミトン
    (かゆみを抑える)

    リビメックスコーワ
    興和新薬 ●プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
    (抗炎症作用)
    弱い(week)
    エマゼン
    大正製薬 ●デキサメタゾン酢酸エステル
    (抗炎症作用)

    ドルマイコーチ軟膏
    ゼリア新薬工業 ●バシトラシン
    (抗生物質)
    ●フラジオマイシン硫酸塩
    (抗生物質)
    ●ヒドロコルチゾン酢酸エステル
    (抗炎症作用)

    オイチミンD
    佐藤製薬 ●デキサメタゾン
    (抗炎症作用)

    テラ・コートリル軟膏a
    ジョンソン&ジョンソン ●ヒドロコルチゾン
    (抗炎症作用)
    ●オキシテトラサイクリン塩酸塩
    (抗生物質)

    【アンテドラッグとは?】
    薬を使用した部分で効果を発揮して、それより体内に入ると作用が減弱する成分のことです。
    アンテドラッグである「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」は、患部では「middium」、体内で吸収分解されると「week」の作用となります。