0

かぜ・インフルエンザ・アレルギー・PM2.5対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

■マスクをご購入のお客様へ■

新型コロナウイルスによる影響で、メーカー・仕入れ先等からのマスクの入荷に制限がかかりご購入いただけない場合がございます。
ご注文を頂きました商品の中に入荷できないマスクがございましたら、改めてご連絡をさせて頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

感染防止のためのマスク

他の人への感染拡大の防止のため、マスクの着用や人混みにおいて咳をする際の注意点についての「咳エチケット」を心がけましょう。
咳エチケット
  • 咳・くしゃみが出たら、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクをもっていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。
  • 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。
  • 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

※咳エチケット用のマスクは、薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布(ふしょくふ)製マスクの使用が推奨されます。N95マスク等のより密閉性の高いマスクは適していません。
※一方、マスクを着用しているからといって、ウイルスの吸入を完全に予防できるわけではありません。
※マスクの装着は説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。

コロナウイルス対策

中国で新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎の感染が広がり、2020年1月現在は日本国内でも感染が確認されております。WHOは「人から人への感染があるとみられる」と発表しており、感染拡大のリスクを避けるためには予防策を確認しておきましょう。
うつらないためには?
  • 外出時にはマスクの着用
  • 手洗いの徹底
  • アルコール消毒の活用
  • 人ごみを避ける

マスクは「高機能マスク」など、ウイルスをガードするマスクを選びましょう。
※ただし、マスクを着用しているからといって、ウイルスの吸入を完全に予防できるわけではありません。

PM2.5対策

PM2.5の対策にもマスクは必須です。お出かけ前に以下のページでPM2.5の分布予測をチェックしておきましょう。

PM2.5分布予測 はこちら

マスク商品のご紹介