0

商品詳細

  • 三管分離逆止弁付直腸カテーテル(Yチューブ)
  • 三管分離逆止弁付直腸カテーテル(Yチューブ)

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

  • JP

商品コード: 181577-001

医療機器

商品名: 三管分離逆止弁付直腸カテーテル(Yチューブ)

※当該商品は医療従事者向け商品となります。

販売価格(税込):2,838円

税抜価格:2,580円

送料:全国一律660円。合計金額が3,980円(税込)以上は送料無料!

 

発送元 日本1
製造元 クリエートメディック 株式会社
販売元 クリエートメディック 株式会社
JAN ---
メーカー希望小売価格(税抜) OPEN
海外発送可否 指定しない
販売上限数 20
発送時期 ご入金確認後、通常7~10営業日で出荷予定

連結チューブを交換しなくても被験者間の感染予防が出来る、逆止弁付使い捨てカテーテルです。

商品の特徴

●タカネ式自動注腸装置による遠隔操作が可能ですので、検者のX線被爆する危険を回避することができます。
●排泄管と造影剤注入管が分離していますので、注入されるバリウムは排泄液で汚染されません。
●逆止弁が付いたディスポーザブルカテーテルですので、連結チューブを交換することなく被検者間の感染予防が可能です。
●排泄液を自動排泄することができますので、被験者の苦痛を軽減すると同時に、検査場の汚れを減少することができます。
●注入されるバリウムは排泄液汚染されません。
●2連バルーンを採用しておりますので、腸内溶液をもらすことなく、挿入深度を一定に保ち腸管の損傷を軽減します。


外径 11.9mm
全長 410mm
側孔数 2孔

バルーン容量
内部(先端)バルーン
推奨容量:30ml / 最大容量:50ml

外部(先端)バルーン
推奨容量:20ml / 最大容量:50ml

  
・医療用具承認番号:20400BZZ00855

内容量

サイズ

カラー

使用方法

使用上の注意

【操作方法又は使用方法等】
(1)使用前に各分岐点につき、空気の注入及び吸引を行い、逆止弁の開閉を確認する。
(2)使用前に外部及び内部のバルーン空気注入口より注射等で空気を注入し、バルーンが膨らむこと及び注射筒を抜いた後に、バルーンが収縮しないことを確認すると共に、再度注射筒を挿入することによりバルーンの空気を排気できることを確認する。
(3)自動注腸機と本品を連結するには、本品の各注入・排泄口を注腸機の連結チューブに接触する。この時、白色の注入口をバリウム管へ、青色の注入口をエアー管へ、黄色の排泄口を排泄管へ各々接続する。
(4)本品の直腸挿入部に潤滑剤(キシロカインゼリー、グリセリン等)を塗布する。
(5)被験者を側臥位にして本品先端部を肛門から5cm程度挿入する。
(6)内部バルーンが肛門内に挿入されたことを確認した後、内部バルーン空気注入口から注射筒で内部バルーンに空気を約30ml注入する。肛門の緩い被験者の場合は、空気をさらに適量注入補足する。(最大注入許容量:50ml)
(7)内部バルーンが膨れたことを確認した後、外部バルーンの位置が肛門の外側にあることを確認し、外部バルーン空気注入口より注射筒で外部バルーンに空気を約20ml注入する。
(8)検査前、腸内に残がある場合には、排泄口より吸引排泄する。
(9)造形剤を造形剤注入口により適量注入する。
(10)造形剤を空気等腸内の内容物を排泄口より吸引排泄する。
(11)空気を空気注入口より適量注入する。
(12)上記(8)~(11)を繰り返しながら、透視を行う。
(13)検査終了後、直腸内の造形剤、空気等の内容物を排泄口より吸引排泄する。
(14)各バルーン空気注入口に注射筒を挿入し、外部バルーン、内部バルーンの順で空気を抜き取り、本品をゆっくり肛門より引き抜く。
(15)引き抜いた後、本品は医療用廃棄物として適切な処置を施し破棄する。