0
薬剤師への問い合わせはこちら

商品詳細

  • ■ニコレットクールミント:96個入

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

対象商品は明細の商品名に■が印字されます。

  • JP

商品コード: 120350-001

指定第二類医薬品

商品名: ■ニコレットクールミント:96個入

販売価格(税込):7,387円

税抜価格:6,840円

送料:全国一律648円。合計金額が3,980円(税込)以上は送料無料!

 

発送元 日本1
製造元 ジョンソン・エンド・ジョンソン 株式会社
販売元 武田コンシューマーヘルスケア 株式会社
JAN 4987123700016
メーカー希望小売価格(税抜) 7,600円
販売上限数 20
発送時期 ご入金確認後、通常3~7営業日で出荷予定

禁煙時のイライラ・集中困難などの症状を緩和しながら、禁煙へと導きます。

商品の特徴

・ニコレットクールミントはタバコをやめたいと望む人のための医薬品です。
・ニコレットクールミントは禁煙時のイライラ・集中困難などの症状を緩和します。 (タバコをきらいにさせる作用はありません。)
・タバコを吸わない人や現在吸っていない人は、身体に好ましくない作用を及ぼしますので使用しないでください。
・ニコレットクールミントは使用量を徐々に減らすことで、あなたを無理のない禁煙へ導きます。
・やわらかく、甘さも増しています。

内容量

96個入

形状

ガム

成分説明

1個中:ニコチン2mg
添加物:イオン交換樹脂、キシリトール、アセスルファムカリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム、ジブチルヒドロキシトルエン、酸化マグネシウム、ハッカ油、I-メントール、タルク、アラビアゴム末、酸化チタン、カルナバロウ、その他9成分

原材料名

効果効能

禁煙時のイライラ・集中困難・落ち着かないなどの症状の緩和。

用法・用量

・タバコを吸いたいと思ったときに、1回1個をゆっくりと間をおきながら、30~60分間かけてかみます。1日の使用個数は表を目安とし、通常1日4~12個から始めて適宜増減していきます。ただし、1日の総使用個数は、24個を超えないでください。
・禁煙になれてきたら(1ヶ月前後)、1日の使用個数を1週間に1~2個ずつ減らし、1日の使用個数は1~2個になった段階で、3ヶ月までに使用をやめてください。
用法・用量
禁煙前の1日の喫煙本数20本以下:1回1個 1日4~6個
禁煙前の1日の喫煙本数21~30本:1回1個 1日6~9個
禁煙前の1日の喫煙本数31本以上:1回1個 1日9~12個
1日最大24個
用法・用量の注意点
(1)タバコを吸うのを完全に止めてから使用してください。
(2)1回に2個以上はかまないこと。ニコチンが過量に摂取され、吐き気やめまい、腹痛などの症状が現れることがあります。
(3)辛みや刺激感を感じたら、かむのを止めて、ほほの内側などに寄せて休ませてください。
(4)本剤はガム製剤ですので、飲み込まないこと。また、本剤が入れ歯などに付着し、脱落・損傷を起こすことがありますので、入れ歯などの歯科的治療を受けたことがある人は、使用に際して注意してください。
(5)コーヒーや炭酸飲料などを飲んだ後は、しばらくは本剤を使用しないでください。十分な効果を得られないことがあります。
(6)口内に使用する吸入剤やスプレー剤とは同時に使用しないでください。口内・のどの刺激感、喉の痛みなどの症状を悪化させることがあります。

使用上の注意

●相談すること
1.次の人は使用前に医師、歯科医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)他の薬を使用している人
(他の薬の作用に影響を与えることがある。)
(3)高齢者及び20歳未満の人
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)次の症状のある人
腹痛、胸痛、口内炎、のどの痛み・のどのはれ
(7)医師から次の診断を受けた人
心臓疾患(心筋梗塞、狭心症、不整脈)、脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)、バージャー病(末梢血管障害)、高血圧、甲状腺機能障害、褐色細胞腫、糖尿病(インスリン製剤を使用している人)、咽頭炎、食道炎、胃・十二指腸潰瘍、肝臓病、腎臓病
(症状を悪化させたり、現在使用中の薬の作用に影響を与えることがある。)
2.使用後、次の症状があらわれた場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(関係部位:症状)
口・のど:口内炎、のどの痛み
消化器:はきけ、嘔吐、腹部不快感、胸やけ、食欲不振、下痢
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
精神神経系:頭痛、めまい、思考減退、眠気
循環器:どうき
その他:胸部不快感、胸部刺激感、顔面潮紅、顔面浮腫、気分不良
3.次のような症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、使用を中止し、医師、歯科医師又は薬剤師に相談すること
(1)口内・のどの刺激感、舌の荒れ、味の異常感、唾液増加、歯肉炎
(ゆっくりかむとこれらの症状は軽くなることがある。)
(2)あごの痛み
(他に原因がある可能性がある。)
(3)しゃっくり、げっぷ
4.誤って定められた用量を超えて使用したり、小児が誤飲した場合には、次のような症状があらわれることがあるので、その場合には、直ちに医師又は薬剤師に相談すること
はきけ、唾液増加、腹痛、下痢、発汗、頭痛、めまい、聴覚障害、全身脱力(急性ニコチン中毒の可能性がある。)
5.3ヵ月を超えて継続する場合は、医師又は薬剤師に相談すること
(長期・多量使用によりニコチン依存が本剤に引き継がれることがある。)

禁忌

●してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は使用しないこと
(1)非喫煙者(タバコを吸ったことのない人及び現在タバコを吸っていない人)
(はきけ、めまい、腹痛などの症状があらわれることがある。)
(2)すでに他のニコチン製剤を使用している人
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人
(4)重い心臓病を有する人
・3ヵ月以内に心筋梗塞の発作を起こした人
・重い狭心症と医師に診断された人
・重い不整脈と医師に診断された人
(5)急性期脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)と医師に診断された人
※(6)うつ病と医師に診断された人
(7)本剤の成分による過敏症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある人
(8)あごの関節に障害がある人
2.授乳期間中の人は本剤を使用しないこと(本剤を使用する場合は授乳をしないこと)
(母乳中に移行し、乳児の脈が速まることが考えられる。)
3.本剤を使用中あるいは使用直後に次のことをしないこと
(1)喫煙
※(2)ニコチンパッチ製剤の使用
4.6ヵ月を超えて使用しないこと