トップへ戻る

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

対象商品は明細の商品名に■が印字されます。

  • 商品コード:710783-001
  • 第二類医薬品
  • ■大正胃腸薬P:10カプセル入
  • 販売価格(税込)   1,157円
  • (税抜:1,052円)

お一人様 20個まで

送料:全国一律660円。合計金額が3,980円(税込)以上は送料無料!

ご入金確認後、通常3~5営業日で出荷予定。

海外発送が可能な商品です。

メーカー希望小売価格(税抜):1315円

発送元:日本1

製造元 :----

販売元 :大正製薬 株式会社

JAN:4987306012523

◆突然のキリキリとした胃痛、腹痛に効く

  • 商品説明
      ●大正胃腸薬Pは、胃酸の分泌を抑制しつつ、胃腸の過剰な動きを抑えることで胃痛、腹痛に効きます。

      ●チキジウム臭化物が神経伝達物質(アセチルコリン)をブロックし、平滑筋収縮抑制と胃酸分泌抑制のダブル作用を発揮します。

      ●ストレスや緊張などによる胃痛や、突然のギューっとつかまれるような胃の痛みを鎮めます。

      ●服用しやすい小型のカプセル剤です。
  • 成分説明
      1カプセル中:チキジウム臭化物 5mg
      添加物:乳糖、トウモロコシデンプン、ステアリン酸Mg、ゼラチン、酸化チタン、ラウリル硫酸Na
  • 効果効能
      胃痛、腹痛、さしこみ(腹部疝痛せんつう)
      (本剤は、胃腸の緊張をやわらげる成分を含んでいます)
  • 用法・用量
      次の量を水又はぬるま湯で服用してください。
      服用間隔は5時間以上おいてください。

      [年令:1回量:服用回数]
      成人(15才以上):1カプセル:1日3回まで
      15才未満:服用しないこと
  • 使用上の注意
      ■相談すること
      1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
       (1)医師の治療を受けている人又は他の医薬品を使用している人。
       (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
       (3)授乳中の人。
       (4)高齢者,体の弱っている人。
       (5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
       (6)次の症状のある人。
        排尿困難
      2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

      [関係部位:症状]
      皮膚:発疹・発赤,かゆみ
      消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃部不快感,腹部膨満感,胸やけ(胃食道逆流症)
      精神神経系:頭痛,頭重感
      その他:顔のほてり,異常なまぶしさ,排尿困難,頻尿,動悸,耳なり

        まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

      [症状の名称:症状]
      ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
      肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
      3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
       口のかわき,便秘,下痢,目のかすみ
      4.服用後,数時間たっても激痛がおさまらない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
      〔他の重篤な疾患[穿孔(胃腸に穴があく),ヘルニア嵌頓(正常位置から脱出した腸がもとにもどらず,腸閉塞症状を呈する)等]の可能性があります〕
      5.5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
      6.症状の改善がみられても服用期間が1週間を超える場合は,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
      (他の胃腸疾患を見過ごすおそれがあるので,漫然と服用しないでください)
      その他の注意
      本剤の服用により汗が出にくくなることがあるため,高温下での作業等をさけてください。
  • 禁忌
      ■してはいけないこと
      (守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
      1.次の人は服用しないでください
       (1)本剤,本剤の成分又は他の胃腸鎮痛鎮痙薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
       (2)次の診断を受けた人。[症状を悪化させることがあります]
        緑内障,前立腺肥大,心臓病,麻痺性イレウス(腸閉塞),甲状腺機能亢進症,不整脈,潰瘍性大腸炎
      2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください
       他の胃腸鎮痛鎮痙薬,ロートエキスを含有する他の胃腸薬,乗物酔い薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬,鎮咳去痰薬,鼻炎用内服薬,アレルギー用薬等)
      3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
       (目のかすみ,異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります)

RELATION ITEM

この商品に関連する商品です。
Now Loading...

Now Loading...