トップへ戻る

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

8日以内まで送料お客様負担の返品可
(例外あり、詳細はこちら

対象商品は明細の商品名に■が印字されます。

  • 商品コード:110063-001
  • 第一類医薬品
  • ■【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム:2g入(薬剤師からのメール確認後の発送となります)
  • ※お届け先が日本国外の方はメール確認は無く、以下の問診票の回答も不要です。

    Q1 . この医薬品を使用される方の年代
    Q2 . この医薬品を使用される方の性別
    Q3 . 現在ご使用中の医薬品はありますか
    Q4 . 症状または目的をお選びください
    Q5 . 現在かかっている疾病はありますか
    Q6 . 授乳中、妊娠中(※可能性を含む)ですか
    Q7 . この医薬品を使用したことがありますか
    Q8 . 医薬品の副作用の経験がありますか
    Q9 . この医薬品ページに記載の[してはいけないこと]に
    Q10 . この医薬品ページに記載の[相談すること]に
    Q11 . 受診の有無や他に質問はありますか
  • 販売価格(税込)   1,201円
  • (税抜:1,092円)

お一人様 3個まで

送料:全国一律660円。合計金額が3,980円(税込)以上は送料無料!

ご入金確認後、通常3~5営業日で出荷予定。

海外発送が可能な商品です。

メーカー希望小売価格(税抜):1100円

発送元:日本1

製造元 :----

販売元 :大正製薬 株式会社

JAN:4987306062047

必ずお読みください

この商品は第1類医薬品です。ご注文後【2営業日以内】に薬剤師からの情報提供メールを送信いたしますので必ずご返信ください。
この商品は、ご注文後に薬剤師からのメールにご回答していただく必要があります。薬剤師の確認が終了するまで発送はいたしません。また、薬剤師が適正でないと判断した場合にはご注文がキャンセルとなる場合がありますのでご注意ください。
■第1類医薬品ご購入の流れにつきましてはこちらをご覧ください。

第1類医薬品ご購入前に必ずご確認ください

◆口唇ヘルペスの再発治療薬 《アシクロビル配合》

  • 商品説明
      ●口唇ヘルペスとは、主に単純ヘルペスウイルス1型によって引き起こされるウイルス感染症で、多くは幼少期に初めて感染し(初感染)、ウイルスが潜伏します(潜伏感染)。ストレス等で免疫機能が低下するとウイルスが増殖し、唇やそのまわりに水疱(水ぶくれ)を形成します(再発)。
      ●ヘルペシアクリームは、抗ウイルス薬であるアシクロビルを配合し、口唇ヘルペス再発患者を対象とした治療薬です。アシクロビルは、ヘルペスウイルスの増殖を抑制し、再発した口唇ヘルペスを治療する、安全性の高い抗ウイルス薬です。
  • 成分説明
      1g中:アシクロビル50mg
      添加物:グリセリン、ジメチルポリシロキサン、ステアリルアルコール、プロピレングリコール、流動パラフィン、l-メントール、ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、パラベン、クエン酸、クエン酸Na
  • 効果効能
      口唇ヘルペスの再発(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)
  • 用法・用量
      1日3~5回適量を患部に塗布する。(唇やそのまわりにピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたら、すぐに塗布する)
  • 使用上の注意
      ■してはいけないこと
      (守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
      1.次の人は使用しないでください
       (1)初めて発症したと思われる人,患部が広範囲の人。(初めて発症した場合は症状がひどくなる可能性があり,患部が広範囲に及ぶ場合は重症ですので,医師の治療を受けてください)
       (2)本剤,本剤の成分又はバラシクロビル製剤によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります)
       (3)6才未満の乳幼児。(乳幼児の場合,初めて感染した可能性が高いと考えられます)
      2.次の部位には使用しないでください
       (1)目や目の周囲。(目に入って刺激を起こす可能性があります)
       (2)唇とそのまわりをのぞく部位。(口唇ヘルペスは唇及びその周囲にできるものです)

      ■相談すること
      1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください
       (1)医師の治療を受けている人。(医師から処方されている薬に影響したり,本剤と同じ薬を使用している可能性もあります)
       (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(薬の使用には慎重を期し,専門医に相談して指示を受ける必要があります)
       (3)授乳中の人。(同じ成分の医療用の内服薬で,乳汁への移行が確認されています)
       (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(薬などでアレルギーを起こした人は,本剤でも起こる可能性があります)
       (5)湿潤やただれがひどい人。(症状がひどい場合は専門医に相談して指示を受ける必要があります)
       (6)アトピー性皮膚炎の人。(重症化する可能性がありますので専門医に相談して指示を受ける必要があります)
      2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください

      [関係部位:症状]
      皮膚:発疹・発赤,はれ,かゆみ,かぶれ,刺激感,疼痛,乾燥,灼熱感,落屑(フケ,アカのような皮膚のはがれ),じんましん

       (本剤によるアレルギー症状であるか,本剤の薬理作用が強くあらわれたものであると考えられ,このような場合,同じ薬を続けて使用すると症状がさらに悪化するおそれがあります)
      3.5日間位使用しても症状がよくならない場合,又はひどくなる場合は使用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
       (5日間位使用しても症状の改善が見られない時は,症状が重いか他の疾病によるものと考えるべきで,なるべくはやく医師又は薬剤師に相談してください
Now Loading...

Now Loading...