0
薬剤師への問い合わせはこちら

【紫外線対策】日焼け止め・UV対策商品のカンタンな選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線とは?

 

紫外線対策


紫外線には「UVA」「UVB」「UVC」と大きく3つの種類があります。

 

UVA

「UVA」は、UVBのように肌を焼くことはありませんが、肌の奥深くまで届きシミやしわの原因となります。
雲や窓ガラスも突き抜ける性質があるため、曇りの日や室内でも対策が必要です。

 

春夏以外では量の減る「UVB」と比べて、「UVA」は年中ある程度の量が降り注いでいます。
冬場でもUVA対策には気を付けましょう。

 

UVB

肌が赤く焼ける原因となるのが「UVB」です。
UVBはエネルギーが強く、長時間浴びると肌に炎症をおこし、皮膚ガンやシミの原因となります。
日光を避けたり日傘を使う事で、ある程度防ぐことができます。

 

UVC

「UVC」はオゾン層に吸収され、地上に届くことはありません。
そのため紫外線対策は「UVA」「UVB」の対策になります。

日焼け止め商品の選び方

日焼け止めには下記二つの表記があり、それぞれ「UVA」「UVB」を防ぐ強さの指標となります。

 

PA(Protection Grade of UVA)

「UVA」への防御力を表します。
「+」の数は4段階あり、数が多いほど効果が高くなります。

 

SPF(Sun Protection Factor)

「UVB」への防御力を表します。数値が大きいほど効果が高くなります。

 

数字の見方ですが例えばSPFが「30」とすると、日焼けまでにかかる時間が「30倍」遅くなります。(※個人差はあります)
野外での活動時間が長くなる場合は、数値の大きいものを選ぶことをオススメします。

■ 日焼け止めのミルク・ジェルなど 

ALLIE(アリィー)

SPF50+ | PA++++

ベルディオ

SPF50+ | PA++++

しみ・そばかす対策に

紫外線は肌に蓄積し、何もせずに放っておくと、数年後に「しみ」になって表れます。
しみになる前に、日ごろからビタミンCを毎日摂ることを心がけ予防をしましょう。

 

ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑える効果や、沈着してしまったメラニン色素を分解する効果があります。
L-システインは、肌のしみ・そばかす・美白などに効果があります。

 

最近は医薬品でビタミンCとL-システインが配合されたビタミン剤が各社から販売され、手軽に摂取することができます。

■ ビタミンC・L-システイン配合の医薬品

■ しみ・そばかす対策の美容液など 

トランシーノ薬用ホワイトニングリペアクリームEX

寝ながら美白で一晩中じっくりケア

50の恵 薬用美白養潤液

美白有効成分アルブチンを配合!

EVITA(エビータ)ホワイト

シミ対策+ハリつやW有効成分

ホワイトエッセンスマスク

美白のためのマスクです

ウテナ プレサ シートマスクビタミンC

日やけによるシミ・ソバカスをふせぎ、透き通るようなもちもち美肌へ

メラノCC 薬用しみ対策美白ジェル

ビタミンC誘導体配合のみずみずしい保湿ジェル

ケシミン

メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

美容原液 薬用美白ケア化粧水

シミ・ソバカスを防ぎ、透明感のある素肌に導く薬用美白化粧水

純白専科 すっぴん白雪美容液

透明感あふれる白雪のような肌へ導く、美白美容液

シンプルバランス

化粧水+クリーム+美容液が1つになった美白有効成分プラセンタエキス配合の美白ジェル

プラセホワイター薬用美白アイクリーム

シワ対策・シミ対策のWエイジングケア。

 

 

紫外線対策目薬

■ 紫外線対策のできる目薬です 

日常生活で使える紫外線対策

ヘリオホワイト

飲む美容習慣 ファーンブロック含有 美容補助食品

やけない美人

内側から飲んでケアする新習慣サプリメント

シアバター シアオイル

リノール酸を多く含み、紫外線からお肌を守ります