0
薬剤師への問い合わせはこちら

のどのケア

このエントリーをはてなブックマークに追加
外出した時や人ごみなどの空気中にはチリやホコリだけでなく、バイキンも含まれています。このホコリやバイキンが口の中から入ると、風邪やインフルエンザ、口の中やのどの病気の原因となります。
うがいは、機械的な洗浄効果や、さらにうがい薬を用いた場合は、殺菌力や化学的洗浄効果によって、口腔を通じて侵入してくるウイルスや細菌などに対して効果を発揮します。

のどからくる風邪の原因

風邪の正式名称は「急性上気道炎」といって、上気道(鼻・のど)にウイルスや細菌が感染して症状が起こる状態の総称です。
感染したウイルスなどへの防御反応として「せき、たん、くしゃみ、鼻水」といった症状が現れます。

のどのケア対策

マスクをする
マスクをすることによって喉の乾燥を防ぎ、外気にまざったほこりやアレルギー物質などを吸い込むことを防ぎます。
人の集まる場所に行くときや風邪が流行する季節にはマスクの着用を心がけましょう。
マスクの特集ページはこちら
うがいをする
うがいで喉を洗浄しましょう。うがいによる喉への刺激が粘液の分泌や血行を促進し、喉の防御機能を高めます。
外出のあとは、必ずしっかりと手洗いうがいをしましょう。
水分をとる
空気が乾燥していたり、風邪やインフルエンザが流行している時期には、こまめに水やお茶を飲み喉を保湿しましょう。
喉に付着したウイルスなどを飲み込む効果もあります。飲み込んだウイルスや菌は胃酸で殺菌してしまいます。
部屋を加湿する
乾燥した環境ではウイルスや菌の活動が活発化し、感染しやすくなります。
加湿器などを使って、部屋の乾燥を防ぎましょう。
加湿器がない場合は、濡れタオルをつるしておくのも効果的です。
お酒・たばこ・刺激物は避けましょう
のどにダメージを与えてしまうため、「お酒・タバコ・刺激物」は控えるようにしましょう。
喉を痛めている時にこれらを摂取すると、より悪化してしまう可能性があります。

のどのケア商品