0

しらみ駆除にはスミスリン

シラミがうつるのは、汚くて、不潔にしているから……。
そう思って悩んだりしていませんか?
でもそれは誤解。不潔とアタマジラミは全く関係ありません。毎日シャンプーしていても、アタマジラミは寄生します。
お子様のシラミは、「スミスリンL シャンプータイプ」でしっかり退治してあげてください。
ママはあまり神経質にならず、見つけたら拡がらないよう、できるだけ早く学校や幼稚園に相談しましょう。

プールで遊ぶこどもたち

シラミ駆除医薬品 「スミスリンL シャンプータイプ」の効果的な使い方

■ スミスリンLでシャンプーして、5分間そのまま、後は洗い流してください。*パウダータイプは60分

ご注意

  • あらかじめ、水又はぬるま湯で頭髪を少し濡らしてください。
  • スミスリンLシャンプータイプをキャップの目盛を参考に、1回量として10~20mLご使用ください。(陰毛の場合は3~5mL)
  • 頭に振りかける時は目、耳、鼻、口に入らないように注意してください。
    小さいお子さまの場合はシャンプーハットをお使いになるのも良い方法です。
  • 手やクシで薬液が頭髪全体にいきわたるようにしてください。
  • 5分間そのまま待ってください。頭にタオルを巻いたり、キャップをかぶるなどして、目、耳、鼻、口等に入らないようご注意下さい。
  • 水又はぬるま湯で薬剤を十分に洗い流してください。その後、通常のシャンプーまたは石鹸、リンスを使用してもかまいません。 卵の殻を添付のくしですきとってください。

■ 3日に1度を3~4回、7~10日間でシラミを駆除できます。

使用期間

step1~6を1日1回、3日に一度ずつ(2日おきに)3~4回繰り返します。
卵は硬い殻に覆われていて薬が中に入りにくく、生き残る卵もあります。
1週間~10日で卵はふ化しますから、シラミが卵からかえるのを待って退治する方法をとっています。
■ スミスリンLシャンプータイプ:80ml
スミスリンLシャンプータイプ

シャンプーするように泡立てて、5分待つだけ。
7~10日間で「シラミ」を退治。

■ スミスリンパウダー:30g入
スミスリンパウダー

パウダータイプなので頭髪はもちろん、
衣類、寝具類、床、畳等にも使用できます。

Q&A

Q.なぜ今どきシラミに感染したのでしょうか?不潔にしていたからですか?
A.シラミの感染と衛生状態は直接の関係はありません。
シラミはヒトの頭で 生活し繁殖する、飛んだりはねたりできない虫です。
ヒトの肌を離れると血が吸えないので2~3日で死んでしまいます。
頭同士の接触や、タオル・帽子・ブラシの共用等により感染します。
戦後、DDTなどの強力な殺虫剤が使用され、見かけなくなっていましたが、
環境問題から強力な殺虫剤を使えなくなったことや、
海外との行き来が盛んになったことにより、シラミが持ち込まれ繁殖しているとも言われています。
Q.子供がシラミに感染しました。他の家族もスミスリンを使用したほうがいいですか?
A.家族の方の髪をかき分けて付け根までよく調べ、卵がないことが確認できれば、必要ありません。
もし、卵があればスミスリンをご使用下さい。
その場合、できるだけ家族そろって使用するようにしてください。
Q.シラミにはどんな種類があるの?
A.人体に寄生するシラミは次の3種類です。現在、子供たちの間で発生しているのはアタマジラミです。
アタマジラミ
頭髪に住み、頭皮から吸血します。 頭髪と頭髪の接触や帽子、くし、寝具などの共同使用や人体の接触によってうつります。
アタマジラミの卵
灰白色の楕円形で0.5×3mm。
約7日間でふ化し、幼虫になり、その後約2週間で成虫になります。
成虫の生息期間は約1ヶ月です。
ケジラミ
主に陰毛に住み、時にはまつ毛や眉毛に寄生することもあります。
コロモジラミ
衣類の縫い目に住み、吸血するときだけ皮膚に付きます。
Q.どうして3日に1度ずつ、3~4回使わなければいけないの?
A.卵からふ化したシラミも駆除するためです。
卵は約7日でふ化します。スミスリンLシャンプータイプはシラミの卵に浸透するため、ある程度の殺卵効果が期待できますが、ふ化してくる幼虫も多少あります。2日おきの処置を3~4回繰り返す間(7~10日間)に全ての卵はふ化します。ふ化してくる幼虫を3~4回の処置で殺してしまうので生きた卵もシラミも無くなります。
Q.3~4回使用してもまだ頭髪に残っている卵はどうしたらいいの?
A.それは多分シラミの幼虫がふ化したあとの卵のぬけがらです。
卵はぬけがらになってもしっかりと毛にこびりついて、とれにくいので添付の細かい「すきぐし」でていねいに取ってあげてください。
Q.髪が長い場合は短く切ったほうがいいの?
A.必ず切る必要はありません。
シラミは多くの場合頭皮にいて、血を吸って生息します。頭皮を含め髪全体に本剤がいきわたるようにすればよいので別に髪を短く切る必要はありませんが、髪が短いほうが処置は容易になります。
Q.スミスリンを使うことは予防になりますか?
A.スミスリンに予防効果はありません。
まれに肌が荒れる人もありますので、シラミがいることを確認してから使用をおすすめします。
Q.ペットから人にシラミがうつることはありますか?
A.動物に付くシラミは人にうつりません。
また、人に付くシラミも動物にはうつりません。
Q.毎日スミスリンをつかえば効果が良くなり、早く駆除できますか?
A.毎日使用しても効果が良くなったり、早く駆除できるとは考えておりません。
2回目以降の使用は、1回目の使用で生き残った卵からふ化してくる幼虫を駆除するために行います。
2日おきの使用を3~4回繰り返す間に生きた卵はなくなり、成虫・幼虫も退治して駆除が完成します。
ですから、毎日使用する必要はありませんし、スミスリンの使用頻度が高くなると肌が荒れることがありますので、おすすめできません。
Q.スミスリンの間の日に普通のシャンプーで洗髪してもいいですか?
A.はい。普通に洗髪していただいて大丈夫です。
スミスリンの使用の際、5分間置くことにより薬効がシラミに十分浸透しますので、その後シャンプーやリンスをしようしても効果に影響はありません。
Q.シラミがついている可能性のある衣服・寝具等の処置はどのようにしたらよいですか?
A.以下のように処置してください。
●水洗いできる物 : 洗濯前に60度以上のお湯に5分以上つけてください。乾燥機をお使いの場合は熱で死んでしまうので、お湯の処置は不要です。
●水洗いできない物 : ドライクリーニングしてください。
●布団・ソファー・絨毯 : 掃除機を丹念にかけて、落ちたシラミ・卵の付いた抜け後を吸い取ります。