0
   胃の症状別に、おすすめの医薬品を紹介します。
   気になる胃の症状をクリックしてください。
用語解説

・H2ブロッカー…胃酸分泌を促進するヒスタミンH2受容体の働きを抑えることによって、胃酸の分泌を抑えます。
・抗コリン成分…胃腸の痙攣を改善したり、過剰に分泌された胃酸を抑えます。副作用として目のかすみや眠気がありますので、服用後に車などの運転はしないでください。また、緑内障の方や前立腺のお薬を服用されている方は使用できない場合があります。ロートエキスは授乳中の服用は避けてください。

胃痛・胸やけ

胃痛や胸やけを感じる場合は、胃酸の分泌が過剰になり胃粘膜が荒れている可能性があります。
出すぎてしまった胃酸を中和したり、胃粘膜を修復するため、「H2ブロッカー」「胃粘膜修復成分」「制酸成分」等の入った胃薬を選びましょう

食後の胃もたれ

食べたものがスムーズに消化されず、胃に負担がかかっている状態です。
食べすぎの場合は、食べ物の消化を助ける消化酵素の入ったお薬がおすすめです。
普段の食事でも胃もたれを起こす場合は、胃粘膜を守るものや胃の運動を調節する成分が入っている物を選んでみましょう。

痙攣性の痛み

食事などに関係なく、みぞおちのあたりがキリキリと差し込むような痛みは、ストレスや疲労などで自律神経のバランスが乱れ、胃痙攣が起こっている可能性があります。
鎮痛鎮痙成分のあるお薬を試してみましょう。

吐き気

食べすぎ飲みすぎによる吐き気の場合は、荒れた胃粘膜を修復する成分、制酸成分の入ったものを選びましょう。
原因が分からない吐き気の場合、上記のお薬や鎮痛鎮痙成分の入ったものを試してみるのもいいですが、
なるべく病院を受診するようにしてください。

飲み過ぎ・二日酔い

飲み過ぎた翌朝、二日酔いが辛い…という方は、まずはしっかりと水を飲んでください。
それから必要に応じて、胃腸薬をお選びください。
「ハイチオールCプラス」は胃腸薬ではありませんが、「L-システイン」が二日酔いに効果を発揮します。
用語解説

・五苓散…体力にかかわらず使用でき、喉が渇いて尿量が少なく、めまい、吐き気、腹痛、頭痛、むくみのいずれかを伴う二日酔いなどに用いられる漢方薬です。

症状が複数ある

特別に強い症状がないが、複数の症状があってどの胃薬を選べばいいか分からない場合は、総合胃腸薬や漢方胃腸薬などを試してみましょう。
総合胃腸薬には「制酸成分」「消化酵素」「健胃成分」「胃粘膜保護成分」などが総合的に配合されています。
用語解説

・安中散…やせ型で比較的体力が低下した腹部の筋力がない方の、胃痛をはじめ、胸やけ、吐き気、食欲不振などに用いられる漢方薬です。

このような時は病院へ!

以下に当てはまる場合は、一度病院を受診される事をお勧めいたします。

・胃痛や胸やけが慢性的にある。

・市販の胃腸薬では効果が得られない。

・空腹時の激しい胃痛や、締め付けられるような痙攣性の痛みがしばしばおこる。

・タール便や、ふらつきなどの貧血症状を伴う。