0
薬剤師への問い合わせはこちら

花粉の飛散量と飛散時期

このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉のピークは1日2回!
地域や気象状況にもよりますが、花粉のピークは1日に2回あります。
早朝から飛散しはじめる花粉は午前中に郊外・住宅地・都市部へ飛散、午前中には飛散量はピークを迎えます。
午後にはいったん落ち着きますが、夕方に再び多くなることがあります。これは気温の低下で上空の花粉が落下したり、地面に落ちていた花粉が再び舞い上がったりするためです。
午前中や夕方は通勤・通学のために外に出ている方も多いと思います。マスクをしてしっかり花粉対策をしておきましょう。
  
■ 1日の花粉飛散量


花粉の飛散時期
主な花粉の飛散時期は、スギ、ヒノキなどの樹木では春が中心ですが、イネ科(カモガヤなど)は初夏に、キク科(ヨモギ、キクなど)は真夏から秋になっています。