0

乾燥に注意!秋から冬にかけて多くなる「ドライアイ」

目が疲れやすい、目がショボショボしたり、ゴロゴロする、目が重たいと感じることが多い、目が乾いた感じがする、なんとなく目に不快感があるなどの症状はありませんか?それは「ドライアイ」かもしれません。
秋から冬にかけて空気が乾燥するため、症状が強くなる傾向があります。日ごろから加湿器や濡れたタオルなどを干して一定の湿度を保って乾燥から目を守りましょう。 また、まばたきをすることによって角膜を刺激し涙腺から涙の分泌を促す働きや、分泌された涙を眼球の表面に行き渡らせて目の表面を覆う薄い膜のようなものをつくる働きがあるので、意識的にまばたきをすることをおすすめします。

目と目元を約40℃の蒸気でじんわり温め

1日働き続けた目に。目の奥までじんわり温めてほぐしてくれます。


目薬を常に用意しておきましょう

目が乾燥する前に点眼しましょう。時間を決めて点眼するのもおすすめです。

■その他の人工涙液はこちら


家に帰ったら目を洗浄して瞳をスッキリ清潔に

目についたごみ・ホコリなどの異物、ウイルス、花粉などを洗い流して眼病の予防に

■その他の洗眼薬はこちら


目の乾燥感に飲んで効く医薬品です。

天然の八ッ目鰻を用いて抽出した八ッ目鰻精製油とビタミンA油を配合