0
膀胱炎とは大腸菌や腸球菌などの細菌が尿管から膀胱内へ入り込み、炎症を起こす病気です。
細菌は常に尿管周辺に存在していますが、普段は膀胱に入りこんだとしても尿と共に排出されて膀胱炎にはなりません。
しかし、体に疲れがたまっていたり、ストレスで免疫力が低下していると、膀胱内で細菌が増殖して膀胱炎となってしまいます。
以下に当てはまる方は要注意です。辛くなる前にしっかり対処しましょう!
  • トイレに行っても、尿意が残っている
  • 尿を出してもすぐトイレに行きたくなる
  • 排尿時や排尿後に痛みを感じる
  • 尿に色がついたり濁っている
  • 下腹部痛や発熱

膀胱炎の予防のために

膀胱炎の予防のために、生活の中で以下の点に注意してください。
  • 水分を多めにとること。冷たい水より暖かいお湯の方がオススメです。
  • トイレはなるべく我慢しないこと。我慢していると膀胱内に細菌が繁殖しやすくなります。
  • 体・特に腰まわりを冷やさないこと。
  • 尿道口や外性器の周りを清潔に保つこと。排便後は前から後ろに向けて拭きましょう。
  • 性行為の後はなるべく早く排尿すること。菌の侵入を防ぎます。
腎仙散(ジンセンサン)は、利尿作用のほか、抗炎症作用を有する生薬を配合しており、腎臓の老廃物排泄を促進するとともに、排泄障害や炎症性の疾患にも効果を発揮します。膀胱炎やムクミの諸症状でお悩みの方へ。
★腎仙散の4つの特徴
【利尿作用】
菌を排尿で押し出します
【鎮痛作用】
排尿痛をやわらげます
【抗炎症作用】
炎症を改善します
【抗菌作用】
ウワウルシが菌をしっかり抑えます
★腎仙散のここが違う!
繰り返す膀胱炎をしっかり治す膀胱炎の効能をもつ薬です。
膀胱の炎症などに効くとされている漢方薬で、優れた抗菌作用ウワウルシ配合のものは他にありません。
痛みをやわらげる、菌を押し出すだけでなく、ウワウルシが菌を抑えます。
★腎仙散は7日分がおすすめ
痛みが治まっても、まだ膀胱内に菌が残存している場合に服用を終えると再発しやすい状態になっていると言えます。病院でも処方は通常5~7分で飲み切ることを推奨されていますので腎仙散21包を7日間服用されることで、より菌を押し出し抑え、膀胱炎の再発を防ぎます。

くり返す排尿時の痛み・残尿感に