0

新型コロナウイルス感染症

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症とは?

過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。

コロナウイルスとは?

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られています。深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるのは、SARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)で、それ以外は、感染しても通常は風邪などの重度でない症状にとどまります。

どうやって感染するの?

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染
  • 感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出
  • 別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染

※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所
(2)接触感染
  • 感染者がくしゃみや咳を手で押さえる
  • その手で周りの物に触れて、ウイルスが付く
  • 別の人がその物に触ってウイルスが手に付着
  • その手で口や鼻を触って粘膜から感染

※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

新型コロナウイルスに感染しないようにするために

コロナウイルスに対しては、通常のインフルエンザウイルスと同様の感染予防法が有効だと考えられています。
(1)手洗い
ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

石けん液を手に取り、手のひらを擦り合わせて洗います。

手の甲を手のひらで包むようにして洗います。

指の間をよく洗います。

親指をもう片方の手で包み洗います。

指先を反対側の手のひらにこすり洗います。

手首も忘れず洗います。

 
(2)普段の健康管理
普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。
(3)適度な湿度を保つ
空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。粘膜を護るために湿度を50~60%に保ちます。
(4)消毒用アルコール
手など皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。
<咳エチケット>

くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。
  • マスクを着用します。
  • ティッシュなどで鼻と口を覆います。
  • とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。

感染後の症状と治療法

新型コロナウイルス感染症の症状
SARSと同じく発熱やせき、呼吸困難などの症状が出るが、鼻水、くしゃみ、咽頭炎など上気道の症状
また、一般の風邪であれば発症から3日間程度で症状が軽減していくことが多いが、新型コロナウイルスは発症から7日間程度から症状が悪化する傾向があると報告されています。
新型コロナウイルス感染症の治療法
ウイルス性疾患であるため、抗生物質は無効です。
ヒトに対し安全性・有効性の両方が確認されているワクチンは、治療用・予防用どちらも存在しません。
風邪と同様、解熱薬やその他の対症療法によって治療します。
コロナウイルスの感染力について
現時点ではWHO(世界保健機関)は1人の感染者から1.4~2.5人にうつすのではないかと推計しています。
これはインフルエンザやSARSよりは低く、エボラ出血熱よりは高い数値です。
2020年1月30日時点での致命率は2.2%となっており、SARSやMERSよりは低くなっています。
これまでに報告されている死亡者は、糖尿病などの持病を持つ人や高齢者に多いことが分かっています。
SARSやMERSなどのコロナウイルス感染症と同様に、持病を持つ人や高齢者で重症化しやすいと考えられます。
2019~2020年の新型コロナウイルスの世界の動向
2019年末から中国武漢で発生したとされる新型コロナウイルスによる肺炎は2月4日現在 世界の新型コロナウイルスの感染は27ヶ国・地域に拡大し、20000人以上の人が感染し、死者も400人以上になっています。

1月31日には、世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念され李公衆衛生上の緊急事態」を宣言し、今後も感染者数の増大が懸念されます。

この新型コロナウイルスの治療法はまだ確定されておらず、現在、世界中でいろいろな治療法が試みられています。

  • 中国ではオセタミビルや副腎皮質ホルモン、HIV治療薬のリトナビルサキナビルなどで治療が試みられています。
  • 米国では抗HIV薬での治療が試みられています。また、エボラ出血熱の実験的治療薬レムテシビルが有効か検証されつつあります。
  • そのほか、各国で抗HIV薬のプロテアーゼ阻害薬のインジナビル・リトナビルなどが有効ではないかと研究されています。
  • 日本国内では抗インフルエンザウイルス薬のファビピラビルがウイルスの増殖を阻害する薬ではあるが、この薬は国が判断した場合のみ、患者への投与が検討される医薬品であり、新型コロナウイルスへの投与に関したデータ示されていないが、早期の実施を期待される薬です。

※2020年2月4日現在の情報です。

>>新型コロナウイルス感染症について・厚生労働省の最新情報はこちらです