0
薬剤師への問い合わせはこちら

商品詳細

  • ■フェイタスZαジクサスゲル:50g入

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

対象商品は明細の商品名に■が印字されます。

  • JP

商品コード: 709230-001

第二類医薬品

商品名: ■フェイタスZαジクサスゲル:50g入

販売価格(税込):1,566円

税抜価格:1,424円

送料:全国一律660円。合計金額が3,980円(税込)以上は送料無料!

 

発送元 日本1
製造元 久光製薬 株式会社
販売元 久光製薬 株式会社
JAN 4987188123898
メーカー希望小売価格(税抜) 1,780円
販売上限数 20
説明ページリンク http://www.hisamitsu.co.jp/healthcare/products/pdf/085.pdf
発送時期 ご入金確認後、通常3~7営業日で出荷予定

肩・首・腰のつらい痛みに

商品の特徴

●効きめ成分ジクロフェナクナトリウムが、肩・腰・関節・筋肉の痛みに優れた効きめをあらわします。
●清涼感のあるアルコールゲル基剤を使用した、楽に塗り伸ばせ、乾きの早い製剤です。
●臭いの気にならない微香性なので周囲の人に気を使わずに使用できます。
●肌にやさしい使い心地の乳白ゲルタイプ。
す。

内容量

50g

形状

ゲル

成分説明

100g中:ジクロフェナクナトリウム1.0g、l-メントール4.5g、グリチルレチン酸0.05g、ノニル酸ワニリルアミド0.02g

添加物として、エタノール、ジエタノールアミン、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、トウガラシチンキ、BHT、ヒドロキシプロピルセルロース、プロピレングリコール、ポリオキシエチレンベヘニルエーテル、その他3成分を含有します。

原材料名

効果効能

腰痛、筋肉痛、肩こりに伴う肩の痛み、関節痛、腱鞘炎(手・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲、ねんざ

用法・用量

1日3~4回、適量を患部に塗布してください。ただし、塗布部位をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。なお、本成分を含む他の外用剤を併用しないでください。

〈用法・用量に関連する注意〉
(1)15歳未満の小児に使用させないでください。
(2)用法・用量を厳守してください。
(3)本剤は、痛みやはれ等の原因になっている病気を治療するのではなく、痛みやはれ等の症状のみを治療する薬剤なので、症状がある場合だけ使用してください。
(4)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(5)外用のみに使用してください。
(6)1週間あたり、50gを超えて使用しないでください。
(7)同じ部位に他の外用剤を併用しないでください。
(8)通気性の悪いもの(ラップフィルム、矯正ベルト等)で使用部位を覆い、密封状態にしないでください。               
(9)使用後は手を洗ってください。

使用上の注意

【相談すること】
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の医薬品の投与を受けている人。
ニューキノロン系抗菌剤

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
関係部位:症状
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、痛み、皮膚のあれ、刺激感、色素沈着、水疱、落屑(皮膚片の細かい脱落)
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称:症状
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれます。
接触皮膚炎、光線過敏症:塗布部に強いかゆみを伴う発疹・発赤、はれ、刺激感、水疱・ただれ等の激しい皮膚炎症状や色素沈着、白斑があらわれ、中には発疹・発赤、かゆみ等の症状が全身に広がることがあります。また日光が当たった部位に症状があらわれたり、悪化することがあります。

3. 5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

禁忌

【してはいけないこと】

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)

1.次の人は使用しないでください。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)ぜんそくを起こしたことがある人。
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(4)15歳未満の小児。

2.次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲、粘膜等。
(2)皮膚の弱い部位(顔、頭、わきの下等)。
(3)湿疹、かぶれ、傷口。
(4)みずむし・たむし等又は化膿している患部。

3.本剤を使用している間は、他の外用鎮痛消炎薬を併用しないでください。

4.長期連用しないでください。