0

商品詳細

  • 新ブロン液エース:120ml入(制限:1ヶ月10個まで)(使用期限:2018年12月)
  • 限定商品
  • 特価
  • 訳あり
  • JP

商品コード: 120713-003

指定第二類医薬品

商品名: 新ブロン液エース:120ml入(制限:1ヶ月10個まで)(使用期限:2018年12月)

特価価格(税込):829円

値引率:20%

送料:全国一律400円。合計金額が3,980円(税込)以上は送料無料!

 

メーカー希望小売価格(税抜) 1,200円
発送元 日本1
製造元 エスエス製薬 株式会社
販売元 エスエス製薬 株式会社
JAN 4987300046005
販売上限数 1
説明ページリンク http://www.ssp.co.jp/products/apf/c2/bra/prod.html
発送時期 5~10日

【※ブロンシリーズは1ヶ月であわせて10個までの販売にさせていただきます】
せきやたんによく効く爽やかな服用感のメントール配合シロップ剤

商品の特徴

【こちらの商品は数量制限をしています】
ご注文が完了となりましても、当店の判断で販売をお断りさせて頂く場合がありますのでご了承下さい。
-------------------------------------
新ブロン液エースは、せきやたんによく効く爽やかな服用感のメントール配合シロップ剤です。せきの中枢に作用してせきをしずめるリン酸ジヒドロコデインと、気管支筋の緊張をやわらげ呼吸を楽にするグアイフェネシンの働きで、苦しいせきをしずめます。さらに、グアイフェネシンは、気管支拡張作用に加え、気道粘膜の分泌機能を高める働きがあり、のどにからんだ粘稠なたんをうすめて排出をうながします。

内容量

120ml

形状

液体

成分説明

60ml中
リン酸ジヒドロコデイン30mg、グアイフェネシン170mg、マレイン酸クロルフェニラミン12mg、無水カフェイン62mg
添加物:果糖ブドウ糖液糖、アルコール、プロピレングリコール、塩化Na、クエン酸、安息香酸Na、パラベン、エチルバニリン、カラメル、バニリン、l-メントール、香料を含有します。

原材料名

効果効能

せき、たん

用法・用量

次の1回量を、添付の目盛り付コップではかり、いずれも1日3回食後なるべく30分食後に服用します。なお、場合により1日6回まで服用しても差し支ええりませんが、この場合は服用間隔を4時間以上おいてください。
大人(15歳以上):10ml
11~14歳:6.6ml
8~10歳:5ml
8歳未満:服用しないこと

※目盛付コップは、使用のつどよく水洗いして、本剤とともに清潔に保管してください。

使用上の注意

本剤は小児用ですが、かぜ薬として定められた一般的な注意事項を記載しております。
[してはいけないこと]
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)
1 次の人は服用しないでください
(1)本剤による過敏症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある人。
(2)本剤又は他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。
2 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください
他のかぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬)
3 服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気があらわれることがあります。)
4 服用時は飲酒しないでください
5 長期連用しないでください
[相談すること]
1 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください

(1) 医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 本人又は家族がアレルギー体質の人。
(4) 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5) 次の症状のある人。 高熱、排尿困難
(6) 次の診断を受けた人。 心臓病、緑内障、肝臓病、腎臓病、胃・十二指腸潰瘍

2 次の場合は、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください

(1)服用後、次の症状があらわれた場合。
関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
消化器  悪心・嘔吐、食欲不振 
精神神経系 めまい
その他 排尿困難

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称 症状
ショック(アナフィラキシー) 服用後すぐにじんましん、浮腫、胸苦しさ等とともに、顔色が青白くなり、手足が冷たくなり、冷や汗、息苦しさ等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死症(ライエル症候群) 高熱を伴って、発疹・発赤、火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が、全身の皮ふ、口や目の粘膜にあらわれる。
肝機能障害 全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
間質性肺炎 空せき(たんを伴わないせき)を伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる。(これらの症状は、かぜの諸症状と区別が難しいこともあり、空せき、発熱等の症状が悪化した場合にも、服用を中止するとともに、医師の診療を受けてください。)
ぜんそく


(2)5~6回服用しても症状がよくならない場合。

3 次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください
口のかわき

禁忌

●してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください
他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬)、鎮静薬
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気があらわれることがあります。)
3.過量服用、長期連用しないでください
(倦怠感や虚脱感等があらわれることがあります。)